【完全版】チャットレディとマイナンバー制度。副業がバレないためのポイントは?

チャットレディをされている方、これからチャットレディのお仕事を始めようと思っている方は、マイナンバー制度の事が気になっている人が多いと思います。会社や家族にチャットレディの副業やバイトがバレたら地獄ですし、気になるのは当然ですよね。

当記事では、マイナンバー制度の影響でも、チャットレディの副業がバレないためのポイントについて紹介します。

 

まず最初に

マイナンバー制度は、平成28年1月より正式にスタートしているものの、発行自体にトラブルがあったり、まだまだ問題が多く、導入自体が取りやめになるのでは??という声も上がっている程、不確かな状態です。

ただ、全てが取りやめになるという可能性は低く、どこまで連携するのか??等、実際の運用ルールの部分がこれから煮詰められていく段階と考えておいた方が良いと思います。

あっ、マイナンバーは何となく大丈夫そう??と安易に考えるのは危険ですので、しっかり準備・対策しておく必要があります。

 

そもそも副業がバレるケースって??

マイナンバー制度の影響で会社などに副業がバレるのは、会社の給料以外に別で「給与」としてお金を受け取る場合、マイナンバーの提出義務があるため、国として個人の総収入を把握できる事になります。その額に基づいて住民税が計算されるので、勤務している会社が給与として支払っている額と合わない住民税の額の計算になってしまう。

その結果「あっ、これは別で何らかの給与を受け取っているな!!」と会社に判断されてしまうわけです。

 

一番影響を受ける可能性があるのが通勤チャットレディ

マイナンバー制度の影響で、副業が旦那や家族、会社などにバレてしまうリスクがあるのが、通勤チャットレディでの勤務スタイルです。でも、通勤チャットレディ=バレるということではないので安心して下さい。

 

バイトの給料扱いだとマイナンバーの提出義務があるのでバレる

通勤チャットレディの報酬が、バイトとしての給与扱いの場合、マイナンバーの提出義務があります。この場合、上記で記載したとおり、住民税の額が増えて、会社にバレてしまう可能性が高くなります。通勤チャットレディの登録をする時点で、マイナンバーの提出を求められた時点で、給与扱いで報酬を支払う前提となるため非常に危険です。

 

個人事業主としての業務請負契約なら大丈夫!

多くのチャットレディ・プロダクションで、マイナンバー制度への対策として、報酬は給与扱いではなく、個人事業主としての業務請負契約に基づく報酬という形に切り替えているところがほとんどです。

つまり、最初の契約の時点で、チャットレディはアルバイトではなく、個人事業主として開業し、仕事を請け負う形を取るということです。この辺りの事は、それぞれのチャットレディ・プロダクションが詳しく説明してくれますし、開業届の事もしっかりフォローしてくれます。

 

住民税の支払い方法は特別徴収ではなく、普通徴収で!

もう一つ注意しないといけないのが、住民税の支払い方です。住民税の支払い方法には、会社や勤務先が給与や報酬から天引きする形で代わりに徴収して納める特別徴収と、支払いをうける個人が直接窓口で支払う普通徴収があります。副業の方の報酬に関する住民税が、特別徴収の場合は、勤務先に住民税の総額がバレてしまうので、問題が起こります。

ですので、住民税の支払い方法は、普通徴収(自分自身で支払う)方式にしておく必要があります。

チャットレディ・プロダクションで、個人事業主として業務請負契約という形を取る以上、プロダクション側が特別徴収する事はなく、個人で払う必要があるという認識で大丈夫です。

 

在宅チャットレディはそもそも個人事業主扱いなので心配なし!

当サイトで推奨している在宅チャットレディでのお仕事をされている方、これから在宅チャットレディを始めようとしている方は、マイナンバー制度について特に心配する必要はありません。

在宅チャットレディの場合、そもそも個人事業主として扱われる所がほとんどです。そして、住民税の支払いを自分でする形になっていればそれだけでOKです。別で働いている証拠が残ることはないので、会社や家族にバレる心配はありません。

 

まとめ

マイナンバー制度の影響で副業が家族や会社にバレないようにするためには、通勤チャットレディであっても、在宅チャットレディであっても、個人事業主として業務請負契約を結びお仕事をする。そして、住民税の支払いは自分自身で行う形を取る。基本的にはライブチャット直接契約の場合も、チャットレディ・プロダクションもそのような対策を取るので、このポイントを確認しておくだけで大丈夫です。

色々な情報が錯綜し、不安になると思いますが、意外と対策としてはシンプルです。

また、結局通勤でも個人事業主としての開業届が必要になるということなので、当サイトが推奨しているように、自宅では絶対にお仕事が出来ないという理由がない限り、通勤チャットレディではなく、在宅チャットレディでのお仕事をオススメします。

 

なお、ライブチャットでのお仕事に興味がある人は、総合的に見て間違いなく「DX LIVE デラックスライブ」が最も稼ぎやすいサイトである事は間違いないので、まずはDX LIVEへの出演を検討することをオススメしています。
※直接契約・在宅のみですが、スマホのみでもお仕事可能です。

 

※ ↓↓要チェック↓↓ ※

在宅チャットのススメ

通勤チャットレディのデメリット

 

 

 

 

 

 

 

 

サイト直接契約の在宅チャットレディをオススメする理由については「在宅チャットレディが圧倒的に稼げる、安全に稼げる10の理由」の記事をお読みください

 

rankin

関連記事

 

当サイトはSSL暗号化により通信がセキュリティ保護されています。


利用規約 | 個人情報保護方針