総合ランキングTOP5サイト別の評価・クチコミチャットレディ体験談・成功談

チャットレディのための青色申告入門ガイド。申告方法や経費、節税方法について

プロダクションとの契約ではなく、ライブチャットとの直接契約でお仕事をするチャットレディは「個人事業主」に該当します。個人事業主である以上、一定の稼ぎを得た場合、確定申告の義務が出てきます。当記事ではチャットレディのための青色申告の入門、確定申告の方法について分かりやすく解説していきたいと思います。

 

そもそも確定申告自体が不要のケース

チャットレディのみの仕事をしている人:年38万円以下

主婦の方がこっそりチャットのバイトをしている場合などに多いのですが、他に一切給与をもらうような仕事をしていないという前提で、チャットレディ報酬の1年間の合計額が38万円以下の場合、基礎控除の38万円で売上が0円扱いとなるため、確定申告自体が不要となります。

 

他の給与がある場合:年20万円以下

アルバイトや会社勤めなど、チャットレディ以外の給与・収入がある方の場合、チャットレディの報酬が年20万以下であれば確定申告の必要はありません。

 

確定申告には青色申告と白色申告の2種類がある。青色が圧倒的に節税できる

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があります。白色申告は申告が簡単というメリットがあるのですが、青色申告の方が圧倒的に節税対策ができるため、できるだけ税金を低く抑えたいなら是非、青色申告を選ぶようにして下さい。

なお、青色申告を行うためには、個人事業主の開業後2ヶ月以内に届け出をしないといけないというルールがあります。

 

青色申告はソフトを使えば家計簿の感覚なので難しくありません

ao

青色申告が白色申告に比べて税金面の優遇がある反面、帳簿(仕事上の家計簿のようなもの)を詳しくつける必要があるというデメリットがあります。でも、やよいの青色申告やMFクラウド確定申告など、入力ソフト・オンラインツールを使えば家計簿感覚で登録できるので、そこまで難しく考える必要はありません。確定申告時に必要となる書類も、簡単に印刷することができます。

 

青色申告ならこんな費用も経費にできる!

青色申告では、ソフト等を使って正しく帳簿をつければ65万円の特別控除をうける事ができます。無条件で適用される基礎控除の38万円を合わせると、青色申告できっちり確定申告を行う場合、年収が103万円未満なら所得税は0円という計算になります。もちろん経費などを考えれば、もっと収入があっても大丈夫ですね。

 

自宅の家賃や光熱費の一部

在宅チャットレディの場合、自宅で仕事をする事になる訳ですが、青色申告の場合、自宅の家賃や光熱費を経費にする事ができます。なお、全額経費にできるような書き方をしているサイトもありますが、そうではありません。例えば、2LDKの自宅の1室を使ってチャットの仕事をしている場合、自宅全体に対し仕事で利用しているスペースが30%程度という事であれば、家賃の30%を経費にできる。これが正しい考え方です。光熱費も同じで、チャットレディの仕事で、電気代や水道代の全てが生まれている訳ではありません。家賃にしても光熱費にしても30%〜50%の費用を経費にするのが現実的だと思います。

 

ネットのプロバイダ・通信費は全額経費でも問題ない。携帯料金は一部ならOK

インターネットの通信費関連は、チャットレディをするにあたって必要不可欠なものですし、全額経費でも問題ないと思います。固定電話や携帯などの電話料金は、チャットレディとして使う事はほぼありませんが、事業主なら電話の使用が無い方が不自然なので、一部を経費にしてしまって問題ありません。

 

PC・WEBカメラ等の購入代金

PC、WEBカメラ等の購入代金も全額経費にして大丈夫です。仕事に必要なもの、備品として説明がつくものは迷わず経費にしてしまって下さい。なお、全ての商品について、領収証・レシートは残しておく必要があります。

 

机、小物、背景用のカーテン、インテリア類

また、チャットレディで使用している部屋の机、椅子・ソファ、時計や小物、背景用のカーテンなど、インテリア類も経費にする事ができます。お部屋の演出のために必要な経費としてしっかり認められるので安心して下さい。

 

ウィッグや衣装などの費用

チャット出演時に使用するウィッグやコスプレ用の衣装代も経費として認められます。

 

ガソリン代の一部

個人事業主は、私生活用の車と事業の車は一緒である事がほとんどですよね。チャットレディは在宅での仕事ですが、個人事業主である以上、必要なものを車で買いに出かけたり、何らかの移動の経費がかかるものです。私生活でも利用している訳ですから全額という訳にはいきませんが、ガソリン代の一部を経費にするのは全く問題ありません。

 

最終的に判断するのは税務署の職員

上記であげたような費用であれば、きっちり経費と認められると思います。これ以外の細かいものでも、しっかり領収証・レシートはとっておいて下さい。確定申告の会場で、経費にできるかどうか税務署の職員がチェックしてくれますので、自己判断で勝手にこれは経費にできないと決め付けるのは非常に勿体無いです。

 

稼いでいるチャットレディは節税対策を徹底しています

在宅チャットレディは稼ぎが良い上、経費もそこまでかかりません。でも月100万稼いでいるようなチャットレディでも年収1,200万円になる訳で経費を立てずにそのまま申告してしまうと税金が恐ろしいことになります。当然、説明がつく範囲での対策にはなりますが、稼いでいるチャットレディはレシート・領収書の保管や、経費の計上を徹底しています。

大事なお金の話です。たくさん稼げるようになってからでは遅いので、早めに知識を身に付けておきましょう。

 

なお、ライブチャットでのお仕事に興味がある人は、総合的に見て間違いなく「DX LIVE デラックスライブ」が最も稼ぎやすいサイトである事は間違いないので、まずはDX LIVEへの出演を検討することをオススメしています。
※直接契約・在宅のみですが、スマホのみでもお仕事可能です。

 

※ ↓↓要チェック↓↓ ※

在宅チャットレディのススメ
在宅のメリット
通勤チャットレディのデメリット

サイト直接契約の在宅チャットレディをオススメする理由については「在宅チャットレディが圧倒的に稼げる、安全に稼げる10の理由」の記事をお読みください

 

rankin

関連記事

 

当サイトはSSL暗号化により通信がセキュリティ保護されています。


利用規約 | 個人情報保護方針