チャットレディの失敗談「専属契約の罠。ライブチャット初挑戦で、いきなりエンジェルライブの専属契約」

前回から数回に渡ってチャットレディあるあると言いますか、よくある失敗談をご紹介しています。今回はライブチャット初挑戦にも関わらず、一つのサイトと専属契約をしてしまってドツボにはまるパターンについてご紹介します。

専属契約の罠にハマのは、エンジェルライブがほとんどです。

 

老舗で女性からの支持率も高いエンジェルライブ

まず、エンジェルライブについてですが、ライブチャットとしては老舗中の老舗で、アクティブなユーザー数も、チャットレディとしての稼ぎ安さも日本トップクラスです。

間違いなく非常に優良なサイトと言えるので、サイト自体はすごく信頼感があります。

 

専属契約だと報酬率が上がる。そこに罠がある

ただし、ライブチャットの売上には、稼いでくれるチャットレディの確保が最重要となるため、各サイト熾烈な女の子のリクルート合戦が行われています。その女性が稼げる素質がある、無しに関わらず、とにかく1人でも多くの女の子に登録してもらいたい。

そして、ライバルとなる他のライブチャットには女の子を取られたくない、移籍させたくないというのがライブチャット運営側の本音です。当然の事ですが。

エンジェルライブでは、チャットレディの新規登録時に「専属契約」「通常契約」を自分で選ぶ事ができます。

専属契約だと報酬率が高いとハッキリ書かれているため、多くの女性は「色んなサイトに登録するのも面倒だし、それなら専属契約にしようかな??」と安易に専属契約を選択してしまうのですが、ここに大きな罠があります。

 

いきなり専属契約してしまうと、結果が出せない場合。。

ライブチャットは向き不向きも有りますし、チャットレディ間の競争も激しいので、チャットレディ初心者がトントン拍子で稼げる程、甘い世界ではありません。ましてや、エンジェルライブのように人気のライブチャットだと、更に競争も激しいので、ルックスが良い、男性とのコミュニケーション能力が高い、過激なアダルト行為が公開できる等、強みが無いと勝ち抜けません。

初心者がいきなりエンジェルライブの専属契約をしてしまうと、他のライブチャットに一切出演できなくなってしまうため、エンジェルライブで結果が出せないと、そこで終了という事になってしまいます。

専属契約を解除して通常の登録に切り替える相談もできはしますが、実際はあまりそういう相談をする女性は少ないようです。

他のサイトに出演していたらもっと稼げていた可能性もあるのに、エンジェルライブに縛られ続け、満足はいかないものの、それなりの報酬で続けている女性がかなり多いようです。

 

エンジェルライブの専属契約は慎重に

当記事ではエンジェルライブ自体を否定しているわけではありません。ただ、初心者がいきなり専属契約を選択するのはオススメしないということです。ただ、本来なら、最初は専属契約は選べず、ある程度結果や、報酬基準を満たしたチャットレディのみに更なるステップアップとして専属契約のオファーが届くとかが自然だと思うんですよね。

最初から本人の意志で専属契約の選択をさせるのは、チャットレディ確保のための少しイヤらしい戦略なので、そこに簡単に乗らずに判断は慎重に行うことをオススメします。

 

他のサイトで経験を積んでからエンジェルライブの専属契約がオススメ

とは言え、エンジェルライブはアダルトに抵抗の無い方なら非常に稼ぎやすいライブチャットです。毎月300万円以上稼ぐようなチャットレディもいます。

エンジェルライブに挑戦したい方に筆者がオススメするのは、他のライブチャットで経験値をしっかり積んでからエンジェルライブに出演し、専属契約に切り替えていく形です。

DX LIVEJEWEL等、同様の人気のアダルト系ライブチャットである程度、経験値を積み、コツを掴んでいれば、エンジェルライブでも最初からスムーズに稼げると思います。

 

なお、ライブチャットでのお仕事に興味がある人は、総合的に見て間違いなく「DX LIVE デラックスライブ」が最も稼ぎやすいサイトである事は間違いないので、まずはDX LIVEへの出演を検討することをオススメしています。
※直接契約・在宅のみですが、スマホのみでもお仕事可能です。

 

※ ↓↓要チェック↓↓ ※

在宅チャットのススメ

通勤チャットレディのデメリット

 

 

 

 

 

 

 

 

サイト直接契約の在宅チャットレディをオススメする理由については「在宅チャットレディが圧倒的に稼げる、安全に稼げる10の理由」の記事をお読みください

 

rankin

関連記事

 

当サイトはSSL暗号化により通信がセキュリティ保護されています。


利用規約 | 個人情報保護方針