マイナンバー制度で会社にライブチャットの副業がバレる事はありませんか?

2018.06.13

マイナンバー制度がどの程度、うまく普及しているか?という点はさておき、大手のライブチャットでは税務署の許可を取り、チャットレディへの報酬支払い時に「源泉徴収を行わない」という方式をとっています。

 

通常は収めるべき税金を報酬から差し引くのですが、これだと勤務先でも把握できる全体の税金額に反映されてしまうため、副業している事が会社にバレてしまうんですよね。

「うちが支払っている額よりも、税金が多いということは別で収入を得ているな・・」と分かってしまうわけです。

 

でも、源泉徴収が行われていなければ、会社が把握できるのは会社が支払っている給与に対する税金額のみですので、バレる事はありません。

 

ただし、源泉徴収を行わないという事は、自分で申告する必要があるという事です。

確定申告時には、支払いのあった報酬額に応じた税金をきっちり収めるようにして下さい。

 

自宅を事務所扱いにして家賃や光熱費、通信費の一部を経費にしたり、関連する支出は経費に出来ます。

こういった基本的な税金対策は全く問題ありませんので、無申告という状態だけは避けてくださいね。

後から面倒なことになると大変ですので。

 

なお、ライブチャットでのお仕事に興味がある人は、総合的に見て間違いなく「DX LIVE デラックスライブ」が最も稼ぎやすいサイトである事は間違いないので、まずはDX LIVEへの出演を検討することをオススメしています。
※直接契約・在宅のみですが、スマホのみでもお仕事可能です。

 

※ ↓↓要チェック↓↓ ※

在宅チャットのススメ

通勤チャットレディのデメリット

 

 

 

 

 

 

 

 

サイト直接契約の在宅チャットレディをオススメする理由については「在宅チャットレディが圧倒的に稼げる、安全に稼げる10の理由」の記事をお読みください

 

rankin

関連記事

 

当サイトはSSL暗号化により通信がセキュリティ保護されています。


利用規約 | 個人情報保護方針